ぷっぷの出産 育児ブログ

妊娠、出産、家族のことを綴った日記 現在育休中

無痛分娩は危険なの?

ここ最近話題の無痛分娩ですが、とにかく無痛分娩は危険だという報道が目立ちますよね。

本当にそうなのでしょうか。ダメな出産方法なの?と不安になっている妊婦さんがたくさんいると思います。

無痛分娩が話題になって来た頃、私はちょうど妊婦でした。(2017年6月に2人目出産しました)

1人目が普通分娩であまりに辛かったので、2人目は絶対無痛分娩にしたいと思っていました。

不安を煽る報道が多い中、NHKの「あさイチ」でも取り上げられました。

無痛分娩のメリット、デメリットについて知ることができました。きちんと麻酔中の体調を管理できる病院では、無痛分娩にしても大丈夫そうな内容でした。

街角のアンケートでは、海外では当たり前、日本では楽したい人の出産方法というイメージみたいです。お腹痛めないで産むなんて、と思う人が割といるんだと実感。

どうしようかな、、怖さもあるし、、

でも痛みは確実に減りそうです、、悩むなあ。

 

悩みながらも出産予定の病院で、無痛分娩を出来れば希望したいと伝えたところ、リスクについて説明されました。

万が一の場合、体に麻痺が出たり、緊急帝王切開になったり、吸引分娩になったり、陣痛促進剤の危険性等々説明されました。

 

でも結局は出産自体が命がけ、普通分娩、無痛分娩、どちらにしてもリスクはあるんですよね。

病院選びを慎重にしないといけないのかなと 実感。

 

オススメの葉酸サプリはこちらから↓

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク